2018年1Q 日本株取引レビュー

  • 合計 16,440万 年初来-1.26%
  • 実現益(税引き前) 720万
  • うち信用部門での実現益 298万
  • 信用部門でのコスト(金利、取引手数料など) 43万

実現益TOP5

銘柄 損益
WDBホールディングス 483万
コムチュア 192万
ニッポン高度紙工業 161万
キーエンス 152万
山田コンサルティンググループ 128万

実現益WORST5

銘柄 損益
ウルトラファブリックス・ホールディングス -166万
前田建設工業 -94万
錢高組 -65万
Gunosy -58万
ニチハ -54万

キーエンスはテクニカル指標を見つつ買いでエントリータイミングを伺うやり方が成功した感じです。 コムチュアは2月の下落前に売り切ることができました。 実現損では信用部門で持ってた建設株の下落が大きかったです。需給面でいうと投信や持株会からの売りが、下落の要因の一つかもしれません。