Life is Like a Boat

忘備録や投資日記、プログラミングに関するメモやtipsなど

読書による知識の複利効果

今日の東京地方暑かったですね。週末は3歳の次男と一緒に砂場で遊んだんですが、ジリジリ照り焼きにされる感じがあります。

先日、Buffett関係のYoutubeビデオを視聴していたら、後継者の一人と言われるTed Combs氏へのインタビューがありました。 BRK.Bのホルダーの割に後継者がどういう人かあまり注意を払ってこなかったので、ざっくり経歴を紹介した記事がないかと調べていたところ、下記のリンクにたどり着きました。

このインタビュー記事でCombs氏は1日12時間読むと言ってます。

10 Questions with Todd Combs - GuruFocus.com

12時間読む。オフィスは図書館のようになっている。アニュアルレポート、カンファレンスの書き起こし、投資関連雑誌。どれもルーティーンでありふれているが、中には深掘りして調べるに値するものを見つけることがある。

読むことで得た知識はさらに知識を生むわけで、例えば、本でなくても雑誌であったりブログ記事であったり、投資家であれば有報や年次報告書など情報を頭に入れておけば、ある情報とある情報を結びつけて、何か新しい機会を生むことができると思います。

最近読んだBuffett氏関連の記事で、氏が500ページ/日の読書をする自分を引き合いに、知識の複利効果に言及してます。

Any of you can do it, and the knowledge just compounds over time.