Life is Like a Boat

忘備録や投資日記、プログラミングに関するメモやtipsなど

成長株投資のTロウプライスまとめ

古いEvernoteのエントリーを整理していたら昔Tロウプライスについてまとめていたノートを見つけたので、ブログのネタにしてみました。引用元はマネーマスターズ列伝です。出版が2001年なのでだいぶ古いです。

マネーマスターズ列伝―大投資家たちはこうして生まれた

マネーマスターズ列伝―大投資家たちはこうして生まれた

T.Rowe Priceはアメリカの成長株投資家で、氏が設立した独立系資産運用会社T. Rowe Price GroupはTROWのシンボルでNasdaqに上場しています。

方針

  • 成長を約束された肥沃な土地を探し出す。そこで発見した成長株を長期に渡って保有すべし。
  • 成長企業 = 利益が長期に渡って成長している会社。景気循環のたびに利益水準を更新していく見込みがある会社。(例としてコカコーラ、メルク、ウォルマートなどを挙げている)

成長株の条件

  • 優れた商品の研究開発力と市場の開拓力
  • 激しい競争にさらされている。
  • 政府の規制から比較的自由
  • 総人件費は低い。しかし一人当たりの報酬は高水準。
  • 売上高利益率が高水準で推移している。一株あたりの利益が伸びており、ROEが10%以上ある。

優良企業を支えている特質

  • 優秀な経営者
  • 傑出した研究開発
  • 特許
  • 堅固な財務内容
  • 好立地

衰退に向かうサイン

  • 悪い経営交代
  • 市場が飽和状態
  • 特許の期限切れ
  • 法規制の強化
  • 人件費、原材料費の増加

法規制の強化については、かえって新規参入のバリアとなり、既存のプレーヤーを利するケースもあると思います。人件費や原材料費が増加しても、その分を価格にパスできる、それができる財やサービスを消費者に提供できる企業であることが大切かと思います。オリエンタルランドなんて特にそうだと思います。