Life is Like a Boat

忘備録や投資日記、プログラミングに関するメモやtipsなど

TwitterのDeveloperアカウントを取得、Appを作って自動投稿してみる

Twitterへの投稿を自動化したくてAPIキーの発行をしようとしたらいつの間にか制限が厳しくなったようで、はじめにDeveloperアカウントの取得が必要です。

下記のリンクからいくつかの質問に回答する必要があります。審査後、アカウント発行という流れです。

https://developer.twitter.com/en/apply/user

f:id:nerimplo:20181105231951p:plain 正直に理由を書けばいいだけです。

公式からアカウントできたよとメールで知らせてきます。

f:id:nerimplo:20181105232123p:plain

ログインしたらAppを作ってConsumer API key, API secret key, Access token, Access token secretが発行されます。

環境変数に充ててあげて、Node.jsのTwitterモジュールを使って投稿テストです。

test.js

const Twitter = require("twitter");
require('dotenv').config()
const twtr_client = new Twitter({
    consumer_key: process.env.TWTR_CONSUMER_KEY,
    consumer_secret: process.env.TWTR_CONSUMER_SECRET,
    access_token_key: process.env.TWTR_TOKEN_KEY,
    access_token_secret: process.env.TWTR_TOKEN_SECRET
});

(async () => {
await twtr_client.post('statuses/update', {
        status: `YOUR_TWEET!!!`,
    }, (error, tweet, response) => {
        if (error) throw error;
        console.log(tweet);  // Tweet body.
        console.log(response);  // Raw response object.
    })
})()

Herokuにデプロイして作ったBotはこんな感じです。

f:id:nerimplo:20181105232840p:plain

他にも色々ツイートの投稿を自動化したいです。