Life is Like a Boat

忘備録や投資日記、プログラミングに関するメモやtipsなど

Geopyを使って簡単に緯度経度を取得する

Mediumで便利なPythonのTipsを紹介する記事がありました。

medium.freecodecamp.org

その中で便利だと思ったのがGeopyです。何がいいかというと、例えばpandasのデータフレーム上に住所カラムがあって、その住所から緯度経度を出したいという時に作業が捗るはずです。

pip install geopy でサクッとインストール。

>>> from geopy import geocoders
>>> g = geocoders.GoogleV3()

#虎ノ門駅近くのスタバの住所
>>> inputAddress = '東京都港区虎ノ門1-1-23 ウンピン虎ノ門ビル'
>>> location = g.geocode(inputAddress, timeout=10)
>>> location.longitude
139.7501349
>>> location.latitude
35.6704249
>>> 

念のため出力された緯度経度をurlパラメターで渡して確認してみると、 https://www.google.com/maps/search/?api=1&query=35.6704249,139.7501349

f:id:nerimplo:20180911095618p:plain

確かに虎ノ門駅近くのスタバです!

なお、Google APIを使うとAPIキーがない場合は最大2500リクエスト/日の制限が適用されます。