Life is Like a Boat

忘備録や投資日記、プログラミングに関するメモやtipsなど

マルハニチロ 2Qメモ

5日発表の2Q決算短信より。

養殖と商事セグメントでの営業益減少が大きい印象。通期予想は変更せず。 保険金の受け取りと関係会社出資分の売却益で2,605百万の特別利益あり。 通期予想は

  • 売上高 920,000百万
  • 営業益 25,000百万
  • ESP 323円

としている。

漁業養殖事業

単位は百万、カッコ内は前年同期比

売上高 営業利益
16,789 (-15.2%) 739 (-41.8%)
  • 台風の影響による養殖マグロの出荷減、カツオの取扱減

  • マグロ・カツオの魚価安による利益率低下

商事事業

売上高 営業利益
215,817 (+0.7%) 1,708 (-44.4%)
  • [水産商事] 魚価高や円安による調達コスト増加の影響もあり減益

  • [荷受] 台風の来襲など夏場に天候不順が続き、鮮魚の取扱高が減り、また冷凍魚の魚価高を売価に転嫁できず、減収減益

  • [畜産商事] 牛肉・豚肉・加工品で取扱増となるも、牛肉・豚肉・鶏肉の利益率低下により、増収減益

海外事業

売上高 営業利益
83,228 (+5.4%) 2,776 (-19.9%)
  • [海外ユニット] タイでのペットフード事業、日本産水産物の輸出事業、ニュージーランドでの操業漁船1隻追加が売上増に寄与。NZD・豪州にて漁獲が振るわず。米ドルに対するタイバーツ高の影響により、増収減益。
  • [北米ユニット] 助宗すりみの効率的な生産と日欧米主体の順調な販売、及びエビ・タコなど欧州での販売拡大により、増収増益。

加工事業

売上高 営業利益
117,177 (+0.7%) 3,080 (-6.5%)
  • [家庭用冷凍食品] 食卓惣菜向け商品や冷凍野菜の販売は増加。お弁当のおかず向け商品は減。

  • [業務用食品] 介護食、コンビニエンスストア等の取り組みが下支えして売上は前年並み。水産原料、畜産原料等の価格高騰に加え、自社工場製品の販売が低調に推移したことにより減益。

  • [化成] フリーズドライ製品及び機能性表示食品制度を追い風としたDHA・EPAの販売が好調に推移し、増収増益となりました。

物流事業

売上高 営業利益
8,240 (+5.0%) 791 (-2.2%)
  • [増収要因] 積極的な集荷活動による取扱貨物の増加や輸配送事業の伸長

  • [コスト要因] 燃料調整費の上昇に伴う動力費の増加や労務コストの増加、平和島物流センターの新規稼働に伴う賃借料の増加等

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120181102428838.pdf